イオンのおせちicon

【早得12/5(水) 20時まで】イオンショップの2019年おせち特集サイトです。

2019年はイオンのおせちで新年を迎えませんか?

イオンショップ

トップバリュのおせちをはじめ、人気定番おせちからWEB限定の商品・オードブルまで、イオンショップで取り扱う商品を多数ご紹介します。

おせちに関するトピックもございます。ご参考ください。

おせちお申込みについて

  • 店頭お申し込み締切日
    2018年12月26日(水)20時まで
    ※商品により承り期間が異なります。詳しくは商品ページをご確認ください。
  • 早得期間
    早得2018年12月5日(水)20時まで
    対象商品が表示税込価格から5%OFFでご購入いただけます。
  • お届けについて
    宅配全国に宅配にてお届け(沖縄全域・全国離島と北海道・四国・九州の一部を除く)
    ※商品ごとにお届け日が異なります。
    ※宅配の時間指定はお受けできません。
    ※詳しくは係員までおたずねください。

■ご予約商品は、お客さま感謝デー等の割引企画対象外です。
■都合により商品の内容が一部変更になる場合がございます。
■お届け時間のご指定は承っておりません。
■複数個お申し込みの場合でも個別のお届けになります。
■店舗によりお取り扱いのない商品がございます。あらかじめ店舗にご確認ください。
■商品は十分ご用意しておりますが、万が一品切れの際はご容赦ください。
※各エリア限定おせちのお取り扱いはございません。
※カタログの一部商品のお取り扱いはございません。

(実施店舗)
全国のイオン・イオンスタイル(北海道・九州・沖縄を除く)、イオンビッグ(昭島店・八潮南店)、WEB(イオンショップ・イオンネットスーパー)
※一部お取り扱いの無い店舗がございます。

おせちのいわれ

  • おせちの由来は?
    始まりは弥生時代!作物収穫に感謝する季節の節目の料理
    おせちの由来は諸説ありますが、いずれも非常に古く、最古の説だと紀元前2~3世紀の弥生時代から始まったと言われています。日本人が米など農作物を作り始めた頃、当時の人々は四季折々で収穫された作物に対して神様に感謝し、収穫物をお供えして生活に節目をつけました。この季節の変わり目が「節」です。平安時代になり、宮中で元日や五節供(3月3日や5月5日など、1年間の重要な5つの節句)などを祝うため、神様に食べ物をお供えしました。これが「御節供(おせちく)」で、おせちの始まりです。おせち料理は本来お正月以外にもお供えしていましたが、江戸時代になって一般大衆に広がるとお正月だけになり、「おせち」はお正月の料理を示すようになりました。
  • おせちのいろは
    めでたさを重ねて重箱に詰め、お正月にいただく
    おせちは、年明けまでに用意してお正月の間に家族で食べるお祝いの料理です。地方や家庭ごとに中身が異なりますが、一般的には縁起が良く日持ちする料理を三段重の重箱に詰めます。おせちはコース料理のようにカテゴリーが分かれており、「祝い肴」「口取り」「酢の物」「焼き物」「煮物」の5種類で構成されています。品数は20~30種類に及び、料理や素材にはそれぞれおめでたい意味がありますので、代表的なものをご紹介しましょう。

    • 一の重「祝い肴」「口取り」
      一の重は、おとそをいただくときの肴の盛り合わせです。数の子(子孫繁栄)、黒豆(無病息災)、栗きんとん(金運)、伊達巻(学問・習い事成就)、紅白かまぼこ(魔除け、清浄)など。
    • 二の重「酢の物」「焼き物」
      二の重は、主に酢の物と焼き物を詰めます。紅白なます(平安・平和祈願)、酢れんこん(先見性のある一年を祈願)、ぶり(出世祈願)、鯛(めでたい)、海老(長寿祈願)など。
    • 三の重「煮物」
      三の重は、煮物です。おせちの料理はもともと、季節の野菜の煮しめが起源と言われています。野菜の煮しめ(家族仲良く一緒に結ばれる)、昆布巻き(不老長寿、子孫繁栄)、くわい(出世祈願)など。
  • 地域によって違う!おせち事情
    大晦日派?三が日派?食べる日や料理の内容が異なる地域も
    おせちを食べるタイミングは、一般的には三が日です。ところが、北海道や東北地方、新潟県・長野県の一部では大晦日におせちを食べる慣わしがあり、お正月はお寿司やお雑煮、おせちの残りを食べます。また、沖縄県のお正月料理は内容が全く異なり、通常のおせちではなく、豚料理など郷土料理や、「御三味(うさんみ)」と呼ばれる重箱料理、おつまみを詰めたオードブルが食卓に並びます。御三味の中身は、カステラ蒲鉾・紅白蒲鉾・揚げ豆腐・天ぷら・田芋昆布・ごぼう・こんにゃく・皮付きの豚の三枚肉が基本で、これに「餅重(もちじゅう)」と呼ばれる餅だけを詰めたお重と合わせて出されます。お祝いをする気持ちは全国共通ですが、地域が変われば食べる日や料理の内容が異なるというのはおもしろいですね。

>> イオンのおせちをチェックする <<icon