大丸・松坂屋のおせち

2019年大丸・松坂屋のおせち通販・ご予約は、大丸松坂屋オンラインショッピングでどうぞ!

老舗料亭・有名ホテル・レストランのおせちほか、人気ランキングもご紹介。

有名料理家監修の特別企画や、価格別に種類豊富なおせちをラインナップした大丸・松坂屋厳選おせちもご用意しました。

おせちの豆知識

  • おせちの起源
    おせちとは、中国大陸から伝わった暦上の節目、季節の変わり目などにあたる節日(せちにち、節句)のことを言います。節日には祝事を行い、祝い膳がしつらえられ、このとき作られるめでたい料理が、「御節料理」と呼ばれました。平安時代になり、宮中では3月3日や5月5日などの五節供は、邪気払いなどの宴の行事になります。「節会」と呼ばれ、神様に祝膳を供えたのが「お節供(おせちく)料理」です。宮中行事だった節供も、江戸時代には庶民に広まるようになります。このころから、全国的におせち料理の風習が定着するようになったのです。このように、昔は節句に食べるお供物すべてが「おせち料理」と呼ばれていたわけですが、生活の変化に伴い「節供」は「節句」と表記されるようになり、神前へのお供えの習慣もなくなりました。現在では、年の初めのご馳走であるお正月料理だけが「おせち」と呼ばれるようになったのです。
  • おせち料理とは
    おせち料理は、正月に備えて年明けまでに用意されるお祝いの料理を指します。おせち料理はめでたさを重ねるという意味で縁起をかつぎ、重箱に詰めて出されます。地方や家庭ごとにお重の中身は様々で、現代でも昆布巻、ごまめ、きんとん、煮しめ、数の子、なますなど、縁起が良く日持ちの良い料理を重箱に詰めて供し、正月の間、家族全員で食します。
  • おせち料理の豆知識
    • 一の重  「祝い肴(ざかな)」「口取り」
      お屠蘇をくみかわす時に祝う肴を盛り合わせます。黒豆、栗きんとん、昆布巻き、伊達巻、田作り(ごまめ)、かまぼこ、など
    • 二の重  「酢の物」「焼き物」
      酢の物を盛るのが正式な詰め方です。なます、酢だこ、数の子、酢れんこん、なると巻き、ぶり・鮭の焼き物、たたきごぼう(酢ごぼう)などを盛ります。現在は、おせちのなかでもごちそうとされる焼きものも盛るように。
    • 三の重  「煮物」
      おせち料理は、季節の野菜の煮しめがその始まりと言われています。三の重には、筑前煮、野菜の煮しめなど季節のおいしい野菜をふんだんに使った煮物を盛ります。

一の重祝い肴(さかな)・口取り

  1. 伊達巻
    巻いた形は学問や習い事の成就を願って
  2. 田作り
    豊年豊作や五穀豊穣を願って
  3. 昆布巻
    「よろこぶ」の語呂合わせ
  4. 黒豆
    「まめ(まじめ)に働き、まめ(元気)に暮らせますように」
  5. 紅白かまぼこ
    紅白は「めでたさ」の象徴として
  6. 栗きんとん
    「金団」財宝を表し富を得る縁起物として

大丸松坂屋

二の重酢の物・焼き物

  1. 数の子
    子孫繁栄を願って
  2. 鰤(ぶり)
    出世魚、出世を願って
  3. 蓮根
    孔が空いていることから、先見性のある一年を願って
  4. 海老
    腰が曲がるまで、長寿を願って
  5. きんかん
    「金冠」幸運をもたらす縁起物
  6. 紅白なます
    お祝いの水引のかたどり。平安や平和を願って
  • その他鯛
    祝い魚。メデタイ

大丸松坂屋

三の重煮物

  1. 八つ頭、里芋
    子宝、子孫繁栄を願って
  2. くわい
    大きな芽が出る、メデタイ、出世を願って
  3. かちぐり
    勝つ縁起かつぎ

大丸松坂屋

>> 大丸松坂屋オンラインショッピングのおせちをチェックする <<